180724

 夏越大祓 

夏越大祓の「大祓」は、半年の間に積もってしまった心身の罪穢(つ

みけがれ)を祓い清める神事です。

人は誰で知らず知らずのうちに人を傷つけたり、罪や過ちを犯

したりしているものです。

宮司を先頭に茅の輪を左まわり、右まわり、左まわりと三回くぐっ

て穢れを祓いました。

茅はススキやスゲなどの総称であり、霊力・呪力があると信じられ

ています。

この茅で輪を作り、くぐる事で魔を退け霊力を分けてもらうこと

ができます。

夏越の大祓を受けると“千歳の命を延ぶ”と言われています。

1週間、茅の輪を設置していますので、ぜひ潜ってお清め下さい。

今日は“大暑”でこれからまだまだ暑くなります。